余宮隆のお茶の時間

yomiya_hinemosu_DSC0358_2_2.jpg


【企画展のお知らせ】
余宮隆のお茶の時間

10月5日(金)〜10日(水)
12:00〜18:30 会期中無休
会期中は通常の飲食営業はお休みさせていただき、
メニューは「お茶と銘菓のセット」だけのcafe営業となります。

-:-:-:-:-:-:-

余宮さんが「今回はお茶まわりの器をたくさん作ります」とのことです。
そこで、久しぶりに東京の銘菓を日替わりでご用意して余宮さんの器を楽しんでいただこうと思います。
参加者の方からは「お得!」と評判の恒例の作家を囲む会もございます。
こちら、皆様のご予約をお待ちしてます!

⭐️作家を囲んでのパーティ⭐️
10月6日(土) 19:30〜
会費5000円 特製お湯のみ付き
要予約
(お店まで営業時間内にお電話くださいませ 03-3330-8807)

長野亮之介「ズットスキダ」展


20180820sukida-1.jpg
20180820sukida-2.jpg



亮之介、淳子夫妻とはもう30年ほど前に、一緒に中国語を習っていた縁で知り合い、毎週土曜日に中国語を勉強し夜中までネパールカレーを食べてお酒を飲んでいました。
当時お二人が住んでいたのは竹林の中にあった素敵な長屋。そこで味噌作りを教えてもらいました。その家は確かに古い家でしたが、台所が狭いながらも機能的で美しかった。登山になど縁のない私が黒姫山にも一緒に登り温泉好きな淳子さんと湯治を楽しみ、お二人が淳子さんのご実家に引っ越しての竹垣のワークショップでは美味しいご飯をふるまってくれたり、沖縄の浜比嘉島で偶然に会って浜で淳子さんたちがサンシンをひいて歌い、小学生だった息子の希望でそのまま浜でテントで寝てしまったりと、淳子さんととても仲がよかったというわけではないのに思い出は尽きません。それからはしばらくあまり会うことがなくなって、昨年3月、高円寺でバッタリ亮之介さんに会って、「淳子が癌になって、手術をしたんだ。ステージ4と言われて」。それから1年と少したった6月18日に淳子さんは天に昇っていきました。私と同じ年で9月1日が誕生日。「一緒に還暦迎えようね」と約束したけれどそれはかないませんでした。でも、淳子さんは「自分の生を生き切る」と生まれ育った小金井の木々に囲まれた素敵なおうちの畳の部屋で何匹もの猫と亮之介さんと最後まで過ごしました。クールな観察眼を持ちながらもニコニコ笑っていた淳子さんと過ごした時間は私の心に生き続けています。

今回、イラストレーターの亮之介さんが淳子さんにまつわる作品を展示します。ご覧いただき、浮世離れした、ちょっと少年のような心を持つ亮之介さんともぜひお話ししてみてください。全日在店予定です。天から淳子さんはハラハラしながら見守ってくれているのではないかと思います

田中真美子 ニット展

tanakamamiko_ hinemosu_2018_finish.jpg

グラデーションの糸からモチーフを作りさらに重ねたり、シルクやコットンなどで編んだパーツをパッチワークにしたりと、いつにも増して遊び心満載の真美子ワールドを今からの季節にお楽しみください。

2018年5月15日(火)〜19日(土)11:00〜18:00
会期中無休、会期中飲食の提供はありません。
作家在店日 5/15、18、19

デンマーク トークイベント開催



↑クリックすると拡大表示できます


デンマークの消費税は25%!にもかかわらずなぜデンマーの人々は幸福だと感じるのか?
その理由をお話しいただくのは、昨年、私がデンマークを訪問した時にコーディネートをしてくださったステファンスズキさん!デンマーク滞在中すっかりデンマークの教育、暮らし、仕事、産業などの国のシステムについて感心してしまい、今回の来日に合わせてお話しいただきます。なかなか直接お話を聞く機会は少ないと思いますので、ご都合よろしかったらぜひいらしてください。デンマークのオーガニックチョコレートとお茶をご用意しておりますので和気藹々とした楽しい時間を過ごせたらと思っております。

日時:2018年4月22日(日)10:00〜12:00
参加費:2000円(お茶、チョコレートつき)
要予約 03-3330-8807 yri03765@nifty.com

shunshun solo exhibition

20180419shunshun.jpg



しゅんしゅんさんが、初めてお店にいらしたのは11年前の今頃でした。その頃彼は建設関係の会社でサラリーマンをしていました。お店にいらしたのは内装を手がけた建築家の堀部安嗣さんのファンだったからです。その場でお店のスケッチをしてくださり、後日完成したものを送ってくださいました。それから、彼は結婚して、お子さんが生まれて、広島に移って、会社を辞めて素描家になってと変化の多い日々だったと思います。彼の描く世界もまた深く、静かに変わって行ったように思います。
今回の展示はそのしゅんしゅんさんと、うちのお店で何度も古楽器の演奏会を開いているトラヴェルソ(バロックフルート)奏者の相川郁子さんが偶然同じ中学の同級生だった、その出会いから生まれたものです。

その出会いから会期中に相川さん他2名での古楽器の演奏会も企画しており、しゅんしゅんさんの絵と相川さんの文章のうっとりするほど素敵なスペシャルプログラムブックレットもご用意しました。

しゅんしゅんさんが、その出会いから何か新境地というような作品が出てくるのではと期待しています。

桜も散ってしまいましたが、緑まぶしい美しい季節にどうぞこの展示&コンサートにいらしてください。

会期;2018年4月19日(木)〜23日(月)会期中無休
古楽器演奏会:4月22日(日)14:30〜 17:00〜 参加費3800円(スペシャルプログラム付き)
要予約03-3330ー8807、yri03765@nifty.com

201804_shunshun_ura.jpg

Profile

ひねもすのたり
阿佐ヶ谷の 器とカフェ ひねもすのたりの日記です。

お店のページはこちら

やってます

伊藤靖朗公演

のページはこちら

New Entries

Categories

Search


Comment

Archives(379)

Link