再び高知

竹林寺の納骨堂の竣工完成式典に列席いたしました。
建築家の堀部さんはもとより、今回この工事に関わった多くの関係者の方がいらして厳かな仏式の式典でした。私がご紹介した金属の作家の小沢敦志さんもいらしていました。
130523_180555noukotudosikitenn.jpg

納骨堂までのアプローチは苔むした自然の庭と木々の緑とに包まれて、もはや何の違和感もなくお寺の一部となっているという印象です。アプローチを進み、少し下ったところに佇むその建物は優しく包み込むような寛大さが伝わります。
130523_180726noukotudo.jpg

熊谷幸治さんにお願いして作っていただいた四点の花器に、ご住職の奥様がそれぞれの器にあった素敵なお花をいけてくださいました。因みに式典の記念品も熊谷さんの土器作りの花器を作っていただきました。これは、納骨堂建立の際に掘り起こした土をすべて使っています。納骨堂の壁面にもその土は使われているのですが目を引く赤土です。
130523_182619chikurinnjikumagai.jpg
130523_181143tikurinnjikumagai2.jpg

小沢敦志さん作の納骨堂の水をたたえる場所の注ぎ口
130523_184345ozawa.jpg


宴席での様子。高知に残る「ハシケン」というお座敷の遊びなど興味深いものでした。
堀部さんやご住職もこの日ばかりは開放されて楽しそう。
130523_213610hamatyojushoku.jpg
130523_213428hamatyohoribe.jpg


翌日は、朝一番に牧野植物園に。訪れる度に出会う花も違い、楽しめます。二週間ほど前に咲いていた黄エビネの花は終わり、今は梅雨の訪れを告げるかのように山あじさいが楚々と咲いていました。天然記念物という濃い紫の花の飛び葛も初めての遭遇。花との出会いも一期一会です。
この日は、朝早くから気温が上昇して日の当たる場所は長く歩けません。真夏は、ちょっとしんどいかもしれません。春と秋がオススメ。

130524_091138makinoshokubutuenn.jpg
130524_094104makinotobikazura.jpg
130524_100315makinoyamaajisai.jpg


午後から、小野哲平&早川ユミ宅に。お二人とは、25年ほど前に常滑に赤木智子さんに連れられてうかがって以来の知己。谷相にうかがうのは8年ぶり?
高知駅から、土佐山田に向かいます。
内藤廣さん設計の高知駅ですが、ホームに入るのは初めて。木がふんだんに使われていてほっとします。開放感があり、屋根の形や金属の素材からヨーロッパやインドの駅舎を思わせます。
130524_103451kotieki.jpg

土佐山田までユミさんが迎えにきてくださいました。アンパンマンミュージアムもここから行けるらしく、いたるところにアンパンマンの絵が目につきます。
谷相は、標高500メートル位のところにあり、棚田がひろがります。
哲平さんとユミさん、お弟子さんとでお昼ごはんをいただきました。ユミさんが庭のお茶の木で作ったという紅茶が、びっくりするほど香り高く驚いていると「自分で作るとなんでも美味しい」とユミさんが独り言のようにつぶやいていました。
もうすぐ、窯薪きが始まるらしくその準備で哲平さんは忙しそうでした。
最近、復活した呉須の青い器を何点かお願いしてきました。

哲平&ユミさんは、竹林寺とご住職がとっても気に入って納骨堂に入ることを真剣に検討しているようで、「私もご縁があったし、入ろうかな」と言うと「一緒に入ろう。骨壷は僕が作ってあげるから」と多いに盛り上がったのでした。

130524_142606teppei.jpg
130524_141812teppeiutuwa.jpg
130524_142521teppeikobo.jpg

高知の海花でユミさんの個展開催中でした。これから、全国ツアーが始まります。
130523_142607yumitennji.jpg

松山から高知へ

先頃、高知の竹林寺に堀部安嗣さん設計の納骨堂が完成しました。それに、ともない骨壺のご注文をいただき、先日納品にうかがいました。今回の納骨堂も本当に色々な作り手の方たちの手仕事がなされています。それはもとよりご住職のお考えで、骨壺もまた工業製品的なものでなくて手で作られたものが欲しいとのことでした。骨壺は、私たちのいわば「最後の家」にもかかわらず、殆ど選ぶこともなくこだわりももたれていないのが実情ではないでしょうか。
今回は、高知という場所もあり、同じ四国の山をこえた愛媛、砥部の工藤省治さん(なんと!工藤冬里さんのお父様)にお願いして、監修していただき、砥部の職人さん10人の方に作っていただきました。第一弾は、全部で800個を納めました。

十人十色の表情と個性があります。800個が段ボールに詰められています。
130508_131300_edmatuyama.jpg

道後温泉近くの「西岡菓子舗」で卵だけで作られた茶席菓子「つるのこ」を購入。写真を取り忘れましたが、マシュマロみたいな食感の紅白のおめでたい菓子。
130508_114331_edmatuyama.jpg


時間が空いたので、「伊丹十三記念館」に。伊丹の多彩な才能に非常に魅了されました。絵も字も楽器も料理もうまい!元々彼は商業デザイナーから出発しているそうです。
父親の伊丹万作手作りの俳句カルタに釘付け。コピーを売り出してほしい。
設計の中村好文さんは、若いときからの伊丹ファンで設計のみならず展示までかかわったそう。
130508_134057_edmatuyama3.jpg

20年ぶり位に再訪した道後温泉。朝早くからたくさんの人(お年寄りが多いですが)がお風呂に来ています。松山の人はお風呂好き!
130509_090002_eddougo.jpg

竹林寺に納めた骨壺10種。向こうにみえるのが工藤省治さん。
130509_155305_edkotutubo.jpg

堀部さん設計の納骨堂
130509_163659_ednoukotsudo.jpg130509_162524_ednoukostudo2.jpg

竹林寺の隣の牧野植物園。脇道にみえるのは黄えびね。雨に濡れて黄色の花と緑の葉のコントラストが目をひく。
私はここにいたら、たちまちリラックスしていくのがわかるほど、気持ちのいい場所。近くにあったら毎日でも通いたい。
牧野植物園は、植物との共生が進んで、8年ほど前に来た時に比べてどんどん変化、進化している。
大ファンの内藤廣さん設計。
130510_142133_edmakino.jpg

23日は、納骨堂の竣工式です。

Profile

ひねもすのたり
阿佐ヶ谷の 器とカフェ ひねもすのたりの日記です。

お店のページはこちら

やってます

伊藤靖朗公演

のページはこちら

New Entries

Comment

Categories

Archives(365)

Link

Search

Free