佐々木知子写真展「残る日々」始まりました

昨日23日から佐々木知子写真展「残る日々」が始まりました。

高知の谷相に暮らす小野哲平・早川ユミさん一家、荒井智哉さん一家、むかごやさん一家の三家族の方達の日々が知子さんの視点を通して写し出されています。ゆったりとした温かな空気が漂っていて「家族っていいな」という思いが強まります。

photo

小野哲平さんの陶器、早川ユミさんの布のバッグ、お洋服等、荒井智哉さんの木の器、むかごやさんの無農薬の黒米などの販売もしております。

ほん
うるし
黒米

24、25日は佐々木知子さんも在店していますので、ぜひご高覧ください。

ひねもすのたりのレイアウトもいつもとはうって変わったものとなっていますのでそちらもお楽しみください。

nokoruhibi01!.jpg

写真はFacebookを参照ください。


「唄と朗読の会」vol3の追加公演のお知らせ

先日お知らせしました松橋登さんの「唄と朗読の会」vol3の追加公演を行います。

また、朗読の演目も決まりました。ちょっとドキドキするタイトルですが松橋さんからは「エロティックと思いきや、清らかな涙が出ます」とのこと、松橋さんの声を通してどのような世界が広がるのか、今から楽しみです。松橋登×梶井基次郎の魅惑的な世界を毎月味わえるのは至福です。
詳細は以下の通りです。

日時 :6月1日(日)pm5:00開演4:30開場
入場料:2500円 お茶つき
朗読:梶井基次郎作「闇の絵巻」「交尾」
唄 数曲
定員20名


お申し込みはお電話(ひねもすのたり03-3330-8807)かyri03765@nifty.ne.jpまでお願いします。
お電話は15時以降でお願いします。
メールでのお申し込みの際は必ず返信をいたしますが、返信がなかった場合はお手数ですがご連絡ください。

「唄と朗読の会」vol3のお知らせ

先日4/27、28日に松橋登さんの「唄と朗読の会」vol2が開かれました。
第一部は、当初「橡の花」とお知らせしておりましたが「蒼穹」と「筧の話」の2編に。
「蒼穹」「筧の話」ともに短いお話ですが、詩的で聴覚、視覚の感覚的表現が松橋さんの声を通すとありありと臨場感をもって伝わってきます。 私は「筧」がどのようなものかすら、既に知りません。松橋さんは、子供の頃に見かけた記憶があるとおっしゃっていました。そして「かけい」「かけひ」とどちらでもいいようですがあえて「かけひで読みます」と後者で発音してお読みになりました。

第二部は、唄です。今回もゲストで原啓一さんがいらしてくださいました。
・まずは定番となりつつあるジュリーの「君をのせて」
・こちらも前回に続いて「ラ・ボエーム」
2曲とも、「上手くなっている!」のがよくわかります。続けていらしていただくとその変化もお楽しみいただけます。
・「ミラボー橋」松橋さんは堀口大学さんの訳詞がお好きだそうですがその訳の唄が見つからないからと音楽に合わせて朗読をなさいました。これが、ちょっと音楽劇のようでお客様にも好評でした。
・ここで、原啓一さんが登場し「パリ野郎」「無造作紳士」を披露。さすがモデル、原さんはちょっとした小道具を使ったりやポーズをとったりが御上手!
・「幸福を売る男」越路吹雪さんがよく歌っていらしたそうで、リズミカルなナンバー。
・「愛の讃歌」「こんな大曲にトライしちゃってねー」と独り言ちながら、歌詞はお馴染みの岩谷時子さんではなく、ジュリーが歌っているバージョンだそう。私もこの詩の方が新鮮に聞こえたせいもあるかもしれませんが愛や人生の儚さが感じられて好きでした。
・アンコールがわりに「月の砂漠」。宮内先生について歌を習った最初の曲だそうです。森繁久彌さんの持ち歌ということもあり、お芝居をご一緒した時に松橋さんは「コリー(コリー犬に似ているので)」と呼ばれて可愛がっていただいたという思い出話もしてくださいました。

・質問コーナーでは、お好きな映画について溝口健二監督の「山椒大夫」「雨月物語」 「近松物語」をあげ、中でも「近松物語」が大好きだそうです。そして、溝口作品のカメラの宮川一夫さんの映像美にふれて、「一度ご一緒にお仕事をさせていただいて(ドラマ「鬼首峠に棄てた鈴」)、自分のフラッシュを見た時に自分とは思えないほどきれいでびっくりしました」といったお話もなさいました。

松橋さんは、皆様ご存知のようにシャイな方ですしご自分から積極的にお話するタイプではありませんが、今回の毎月の会では質問すれば、それに対しては真摯に答えようとしてくださいますので、もし何かうかがいたいことなどございましたらご遠慮なくお聞きください。

次回の詳細は以下の通りです。ぜひ、ご来店いただき松橋さんとの時間をお楽しみください。

日時 :6月1日(日)pm1:30開場2:00開演
入場料:2500円 お茶つき
朗読:梶井基次郎作品
唄 数曲
定員20名

お申し込みはお電話(ひねもすのたり03-3330-8807)かyri03765@nifty.ne.jpまでお願いします。お電話は15時以降でおねがいします。
メールでのお申し込みの際は必ず返信をいたしますが、返信がなかった場合はお手数ですがご連絡ください。




佐々木知子写真展「残る日々」・・・美しい棚田 3つの家族と日々の風景 のお知らせ

写真家の佐々木知子さんの展示とイベントを下記の日程で開催いたします。ぜひご来店ください。

東京で精力的にお仕事をしていた知子さんは、家族で高知に移住しました。そして、自らの子育てや家族との生活をしながら、そこで出会った人々を通して、暮らしの大切さに気づいていきます。今回は高知の谷相に暮らす3家族を中心の写真展です。今までは風景を得意としていた知子さんですが、今回は彼女の目を通して写しだされる人物や暮らしと言ったテーマでの久しぶりの展示をお楽しみください。

今回は、早川ユミさんがいらしてくださり知子さんとお話してくださいます。既に何冊もの著書がありその暮らしには共感する方も多いと思いますが、直接お話できる機会ですのでぜひご来店ください。

また、登場人物の方々の作る作品他高知にまつわる商品などの販売もございます。

登場人物と展示品
小野哲平(陶芸家)・早川ユミ(布作家)・・・作品
荒井智哉(木工家)一家・・・作品
むかごや(棚田の黒米)一家・・・無農薬黒米

日程:2014年5/23(金)〜5/31(土)
12:00〜18:30
会期中無休
作家在廊日 23〜25日

24日(土) スライド上映と早川ユミさんお話会      
「家族という木」
16:00-18:00 1500円お茶付 要予約(ひねもすのたりまで)
24日は飲食の営業をお休みいたします



Profile

ひねもすのたり
阿佐ヶ谷の 器とカフェ ひねもすのたりの日記です。

お店のページはこちら

やってます

伊藤靖朗公演

のページはこちら

New Entries

Comment

Categories

Archives(370)

Link

Search

Free