奄美の伝統発酵飲料ミキ作り&神様のマンゴー&マンゴースムージーの会

久しぶりに田町まさよさんのイベントがあります。ぜひ、ご参加ください。

(以下ブログ文章引用)
ミキづくり

お米とさつまいもを発酵させた飲み物、奄美の伝統発酵飲料ミキ。
暑い夏の日や病気など食欲のない時の栄養替わり、
子供の離乳食などとして、
島の人たちの健康を支えてきた’いのち’の飲み物。

このミキと、肥料・農薬を使わない”奄美・神様のマンゴー”を、
スムージーにしたら、やばい!おいしさ!しかもヘルシー!

昨年秋、出産を迎えた神様のマンゴーの生産者の娘さんは
産後、この神様マンゴースムージーで、
おっぱいの出もよく、産後も元気に過ごせました。

ということで、せっかく神様マンゴーが食べられる”今”、
ミキ作りと神様マンゴー&マンゴースムージーを味わう会を
あわせてやっちゃおう!という贅沢な会を
阿佐ヶ谷の器とカフェひねもすのたりさんで、
8月2日(日)に行います。

現在、島で売られているミキは、お砂糖が入っていますが、
今回は、砂糖なしで作ります。
お砂糖なしでも十分おいしく、甘味があるのです。

ミキの味は、お米のヨーグルトといったところ、甘酒にも少し似たお味です。
私はケーキを作る際に、豆乳、牛乳代わりにミキを使います。
お子さんのおやつにもおすすめです。
飲むだけでなく、ドレッシングやデザートにも応用できる‘ミキ’

そして、このミキに、神様マンゴーを加えてスムージーにすると・・
味は、濃厚!マンゴー甘味酸味に、ミキが加わり、
口に含むとエネルギーがみなぎる感じ。
飲んだお客様が、”ユンケルより効く!”と言ったほど。
飲むというよりもゆっくり味わって食べる感覚。

もちろん、神様のマンゴーそのものも召し上がっていただけます。

もともとミキは、お神酒に通じ、祭事や祈願の際に神様に捧げる供物として
島のノロなど女性たちの手で、祈りを込めて作られてきたもの。

5月、岩手で開催した”ミキ祈りの夜”では、参加者全員に
自分の魂からの声を話す=放すということを、
ミキをかき混ぜながらやっていただきました。

参加者の感想
”回してて自分のことを話して、もっと家族と向き合うこと、
家族に食べてもらうこと、自分自身を癒すことの大切さを
あらためて見つめなおしたいと思いました。!

いのちをいただくということについて、改めて考える機会に
なりました。
母であることに幸せを感じ、これからも子供をたくさん
愛したいと思いました。

心を開くって大事だなとおもいました。
友人でさえ、家族でさえも通じ合えず、苦しい日々でした。
”放すこと”っていいですね・・
本当の食育、いやそれ以上でした。来てよかったです・・”
などなど、

ということで、今回もミキ作りの中で話す=放す
祈りの時間を持ちたいと思っています。

参加者のみなさんの祈りが込められたミキと
地球にやさしい農業が奄美から始まって世界に広がるようにと
祈りの気持ちが込められた神様のマンゴー、
ご縁ある皆様と大事に味わって頂く良い時間を過ごせたら
と思っています。

日時 8月2日(日)14時〜 2〜3時間程度(人数による)
会場 器とカフェ ひねもすのたり(阿佐ヶ谷駅北口より徒歩5分)
東京都杉並区阿佐谷北1-3-6 2F 03-3330-8807 
http://ひねもすのたり.com/
参加費5000円
(神様マンゴースムージーと神様マンゴーが食べられ、
かつみんなで作ったミキを500ml持ち帰れます。)
持ち物 エプロン、持ち帰るミキを入れる500ml程度の容器
申し込み 問い合わせ iyashinoamami@sonng.ocn.ne.jpまで

お越しをお待ちしています。
とうとがなし

マンゴー

田中真知著「たまたまザイール、また コンゴ」(偕成社) 出版記念トークイベント

hinemosu_kongo.jpg


常々、田中真知さんの美しい文章に魅せられていましたが、その彼が21年の間にコンゴ河を何と!二度に渡り下った旅の話が本になりました。

二度とコンゴ河に行くことはないと思っていたのになぜまた向かったのか、一度でさえ下ることなど私はありえませんが、それを二度も、「慣れ親しんだ物の見方を根底から覆してあまりある強烈な体験」を映像を交えてお話しいただきます。旅好きな方だけでなく、興味を持たれた方はぜひいらしてください。

日時:7月26日(日)pm3:00〜2時間程度
会費:1000円 お茶つき
当日、出版本の販売もいたします。
要予約03-3330-8807(ひねもすのたり)

10回目の七夕week

1996年7月7日に開店したひねもすのたりも来週の7月7日で10回目の七夕を迎えます。恥ずかしながら、日々、青息吐息で何とかここまで来たというのが実感です。ここまで来られたのは、本当にお客様はじめ、作り手の方達他関係してくださった皆様のお陰です。
この9年間には、阿佐谷のこの小さな空間から思いもかけない事や人との出会いがありました。そのことが私にとっては宝物だと思っています。本当にありがとうございます。次の七夕を迎えられるよう、非力ですが前を向いて行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

いつもは、この時期に企画展など行っているのですが今年は6日から11日迄の1週間を「10回目の七夕week」として器などの商品をお安くご提供したいと思っています。そして、7日の夜にささやかな感謝の会を催したいと思います。詳細は以下の通りです。ふらっとお立ち寄りいただければ幸いです。お友達やお子様連れでも構いませんのでいらしてください。お待ちしております。

「10回目の七夕week」感謝の小宴
日時:7月7日(火)pm7:00頃〜
会費:1000円(10回目に因み)
軽食とドリンク(アルコール、ソフトドリンク)をご用意しています。差し入れは大歓迎ですが手ぶらでぜひ気楽にいらしてください。

Profile

ひねもすのたり
阿佐ヶ谷の 器とカフェ ひねもすのたりの日記です。

お店のページはこちら

やってます

伊藤靖朗公演

のページはこちら

New Entries

Comment

Categories

Archives(370)

Link

Search

Free