昔むかしのフランスの音ーフランスバロックのお話ー第5回「喋るフランス」by相川郁子

 バロックの時代(17世紀〜18世紀初頭)のフランスでは、音楽と言えば舞曲であったというお話をしましたが、この時代の音楽にもう一つ、とても大きく影響したのが彼らの言葉、フランス語です。
響きがニュアンスに富んで美しく、流れるように話されるフランス語は、今もそれを母語とする人たちの誇りであると言われます。言葉は、歌とも関連して、音楽に必ず影響を与えるもの。フランスバロックの音楽の場合もそのとおりで、フランス語と同じような、なめらかに流れるような旋律や音色の変化に富んだ楽器の使い方が良しとされました。フランスでは極端な強弱や速度の変化のようなサプライズや、これ見よがしな感情表現は好まれませんでした。抑制のきいた表現で喋るように、語るように演奏されるものが、フランスの王侯貴族にふさわしいとされたのです。そうすることで彼らがライバル視するイタリア音楽との差別化を図ったとも言えます。

 当時は演奏の仕方にもいろいろと特徴的なものがありましたが、そのなかでも聴いてわかりやすく、フランス語とのリズムとのつながりを感じさせるのが、「イネガル」と呼ばれる奏法でしょう。楽譜上に同じ長さ(音価)で書かれている2つの連続した音符を、書かれたとおりの長さではなく、片方を長く、もう片方を短くして演奏することを言います。付点のついた音符であるかのようにスウィングさせて演奏する、と考えるとわかりやすいでしょう。フランスでは特にこの演奏法が盛んに用いられたと考えられています。イネガルで演奏されるフランス音楽は流麗で耳に心地よく、フランス語と似ているように感じられると思います。

 なお、イネガルinégalとは「不均等な」という意味のフランス語の形容詞です。2月26日にコンサートをするトラヴェルソ・デュオの「イネガリテ Inégalité」という名前は、その名詞形にあたるものです。17世紀末にフランスで流行した横笛、フラウト・トラヴェルソもまた、フランス語と響きのよく似た楽器でした。音量の強弱はあまり派手につきませんが、音色の多彩さならほかの楽器に負けません。くぐもった甘い音も得意な楽器ですが、そんなところがフランス語を話す人たちの声の出し方や話し方にそっくりです。物憂い表現にも向いています。この楽器をフランス貴族たちが愛したのも、そう考えると、とても納得がいきます。

「フランスは語り、イタリアは歌う」というのは、私がブリュッセル留学時代に、学校の授業で教わった言葉です。フランスは踊り、語り、喋ります。来月26日にひねもすのたりで行われるコンサート『笛のお喋り』で、フランス的な管楽器 フラウト・トラヴェルソで演奏されるフランスの音楽がどんな響きなのか、ぜひ実際にお聴きになってみてください。

演奏会のお知らせです

笛のおしゃべり
フランスバロックのフルート二重奏
演奏会

2017.02.26 [日] 同一プログラム2回公演
・昼の部…12:30開場 13:00開演
・夕方の部…16:30開場 17:00開演


出演
トラヴェルソ・デュオ
≪Inégalité イネガリテ≫
 相川郁子・野崎真弥(フラウト・トラヴェルソ)


プログラム
M.P.de.モンテクレール:コンセール第1番ニ長調
M.ドゥ・ラ・バール:2本のフルートのための組曲第7番イ長調
A.ドゥ・ヴィルヌーヴ:『ソナタによる会話』第1番イ短調
J.C.ノード:ソナタ第5番ト短調
J.M.オトテール:2本のフルートのための組曲第一番ロ短調

3,000円 ワンドリンク付

ご予約・お問合せ  03-3330-8807 yri03765(あっとまーく)nifty.ne.jp
お電話は14時以降にお願いいたします。(木・日曜日 定休 )

メッセージ
A=around 392のフレンチタイプのトラヴェルソ(オトテールフルート)でのデュオによる魅力的なプログラム。小さめの親密な空間で、フランスの王侯貴族に愛された音楽をお楽しみください。

お飲みものはお茶かコーヒーをお選びいただけます。

各回 限定20席。

昔むかしのフランスの音ーフランスバロックのお話ー第4回「踊るフランス」

昔むかしのフランスの音−フランスバロックのお話− 第4回 「踊るフランス」
 
 前回は、太陽王ルイ14世の時代のフランスが、政策として自国流の音楽をいわばブランド化したというお話をしました。では、そのころのフランスの音楽は、どんなものだったのでしょうか。

 バロックの時代のフランス音楽を表すキィワードの最初にくるものは「舞曲」でしょう。王様お得意のダンスのための音楽がフランス音楽の典型であり、基本とされました。メヌエット、ガヴォット、サラバンド、ジーグ、アルマンド、シャコンヌ…。楽器を少しでも習ったことのある方なら、きっとこういった名前のついた曲を演奏した経験があると思います。それらはみんな、元をたどれば太陽王のころのフランス風の舞曲につながっているのです。(フランスの作曲家に限らず、例えばJ.S.バッハも、このような名前のついた曲をいくつも作曲しています。)

 ダンスには、それぞれの種類によって異なる、基本のステップやキャラクターがあります。当時の貴族たちは、みなそれらの型をマスターしていました(していなければなりませんでした!)。そしてダンスの伴奏のための舞曲も拍子や速さ、旋律やバスの動き方などが、踊りの種類ごとに決まっていました。軽快なものもあれば、ゆったりと優雅なものも、劇的なものもありました。そうした色とりどりのダンス音楽を花束のようにまとめたのが「組曲」と呼ばれている舞曲のセットです。何曲で1セットにまとめるという決まりがないのは、ソナタや協奏曲など「楽章」をまとめるセットの作り方とは違っています。

「ダンスが盛んだったから舞曲が多く作られた」というだけにとどまらないのが当時のフランスです。おもしろいのは、国内の音楽がこうした舞曲のスタイルのものにほぼ統一されたことです。実際には踊りをつけず、ただ楽器で演奏するためだけに作られる曲も、多くが組曲の形を取りました。そればかりか、歌であっても舞曲に特有のリズムや旋律を用いて作られることが多くありました。踊りの音楽こそがフランスの音楽である、そこから外れるものは認めない、というのが太陽王の方針だったのです。


フランスのバロック音楽の特徴のお話は次回に続きます。CDなどの音源や動画を探してみたくなった方もいらっしゃるかもしれませんので、ここでおすすめ作曲家の名前を少し挙げておこうと思います。

ジャン=バティスト・リュリ Jean-Baptiste Lully (1632-1687) 太陽王の作曲家といえば、この人!
マルカントワーヌ・シャルパンティエ Marc-Antoine Chalpentier (1643-1704) 親しみやすく美しい曲を多数作曲。
アンドレ・カンプラ André Campra (1660-1744) 歌のための作品(宗教曲とオペラ)で名高い作曲家。
ミシェル・ピニョレ・ドゥ・モンテクレール Michel Pignolet de Montéclair (1667-1737) 声楽にも器楽にも名作あり。
フランソワ・クープラン François Couperin (1668-1733) フランスバロックではもっとも有名?名曲多数!
ジャック=マルタン・オトテール Jacques-Martin Hotteterre (1674-1763) トラヴェルソ吹きとしては外せません。
ルイ=ニコラ・クレランボー Louis-Nicolas Clérambault (1676-1749) カンタータ(歌による短編朗読劇)の大家。

どの人の何の作品を聴いても、特に器楽の場合、だいたいのものが舞曲です。動画を検索すると、当時の踊り(バロックダンスと呼ばれます)がついたものが見つかるかもしれません。

企画展のお知らせ

1月恒例のウールの織物を主に作る濱野太郎&真鍮でアクセサリーやオブジェを主に作る秋野ちひろ二人展のお知らせです。

1月26日(木)〜31日(火)12:00〜18:30会期中無休

会期中は、昼夜とも飲食の営業はお休みです。

IMG_0984.PNG
IMG_0985.PNG

村西とおるトークライブ「ナイスな日曜日をご一緒に」のご案内

ご縁あって「全裸監督」村西とおる伝(本橋信宏著)の出版記念トークイベントを年明け早々の下記の日時で行います。

ぜひ実物の村西とおるさんに触れてみてください。彼の話を聞いてみてください。その魅力に引き込まれてしまいます。固定観念が崩れます。そして、生きる希望が湧いて来ます。

2017年1月15日(日)16:00開演15:30開場
参加費3000円(サプライズ特典&お茶付き)
申込は、ひねもすのたりまで
☎03-3330-8807あるいは📧yri03765@nifty.ne.jp

村西とおる、本名・草野博美。どんな相手でも陥落させる応酬話法。ビニ本・裏本製造販売で巨万の富を築き上げる。指名手配され逮捕、再起を図りAV監督になり“駅弁“"顔面シャワー"を考案。ハワイで撮影中にFBI合同捜査チームに逮捕され懲役370年を求刑される。AV業界の秩序を破壊、黒木香主演「SMっぽいの好き」で自ら相手を務め、"AVの帝王"と呼ばれる。ジャニーズ事務所に喧嘩を売り、元フォーリーブス・北公次復活をプロデュース。事業拡大に失敗、50億円の負債を負い、闇社会から過酷な取り立てを受ける。無一文になりながら美貌の元専属AV女優と再婚、長男をお受験の最難関小学校に合格させた。そのどれもが実話である。(「全裸監督」プロローグより)

Profile

ひねもすのたり
阿佐ヶ谷の 器とカフェ ひねもすのたりの日記です。

お店のページはこちら

やってます

伊藤靖朗公演

のページはこちら

New Entries

Categories

Search


Comment

Archives(367)

Link